高齢者住宅の種類

高齢者専用賃貸住宅
(高専賃)
特徴 緊急通報サービスおよび安否確認サービスなどを提供している生活支援サービス付高齢者専用賃貸住宅が一般的。
在宅サービスを利用して、介護を受けることも可能。
土地条件 施設規模:入居定員50人(個室)とした場合
延床面積5500坪(3階建)程度の建物となります。
土地の面積はおよそ300坪以上必要となります。
有料老人ホーム 特徴 生活支援と食事サービスを提供。介護サービスについては各々の類型によって提供形式が異なる。
土地条件 施設規模:入居定員50人(個室)とした場合
延床面積550坪(3階建)程度の建物となります。
土地の面積はおよそ300坪程度必要となります。
グループホーム 特徴 認知症高齢者を対象に、入浴、排泄、食事等の介護その他日常生活上の世話及び機能訓練を行い、安定した共同生活を送るために必要な支援を行う介護施設。
土地条件 施設規模:入居定員18人(個室)とした場合
延床面積150坪(2階建)程度の建物となります。
土地の面積はおよそ130坪程度必要となります。
デイサービス 特徴 デイサービス:施設に日帰りで通い、食事や入浴、レクリエーションを行うサービス。
デイケア:医療機関の提供するリハビリサービス。
土地条件 施設規模:利用者定員30人とした場合
延床面積90坪(平屋)程度の建物となります。
土地の面積はおよそ200坪以上必要となります。
ショートステイ 特徴 要介護の高齢者を概ね30日以内で宿泊させ生活支援及び機能訓練を行うことを目的とする施設。
土地条件 施設規模:利用者定員20人とした場合
延床面積200坪(2階建)程度の建物となります。
土地の面積はおよそ200坪以上必要となります。