HOME > 新着情報&イベント情報
新着情報
2015.02.23

◆第4回エイジング・サポート・セミナー◆ 
「点滴はもういらない」共同執筆者と発行社による
出版記念セミナーが開催されます。

弊社代表もリレー講演させて頂きます。
今回のテーマは一般の方こそ聞いていただきたい内容です!
また弊社が運営しております、銀木犀 入居者のドラムパフォーマンスもお披露目します★

◆日時:3月7日(土) 13:30〜17:30(受付開始13:00)
◆場所:Learning Square 6階ABC
   東京都港区新橋4−21−3 新橋東急ビル6F
◆TEL:0120-677-783

◆リレー講演1
医療法人社団悠翔会理事長 医師 佐々木淳
「看取りと在宅医療」
 〜尊厳ある死のための勇気と覚悟

◆リレー講演2
エイジング・サポート実践研究会 代表 小川利久
「施設を『終の棲家』にするということ」
 〜いのちを生ききり、次代へ引き継ぐ

◆リレー講演3
株式会社シルバーウッド代表取締役 下河原忠道
「高齢者住宅で生ききる」
 〜老衰という、苦しくもなく、尊厳ある死のために〜

◆パネルディスカッション+会場とのディスカッション
「最期を決める覚悟とタイミングとこれから」
小川利久・下河原忠道・佐々木淳・小平慎一

◆余興タイム
銀木犀ご入居者によるドラムサークルパフォーマンス
●定員:200名
●セミナー参加費:3,000円

◆名刺交換会&懇親会
セミナー会場にて(18:00〜19:00)
●会費:2,000円

参加申し込みは、FAX又は下記のリンクから。
fax:03-6915-4676
mailFageingspa@ageing-support.com

facebookページ<エイジング・サポート・セミナー>
https://ja-jp.facebook.com/pages/%E3%82%A8%E3%82%A4%E3%82%B8%E3%83%B3%E3%82%B0%E3%82%B5%E3%83%9D%E3%83%BC%E3%83%88%E3%82%BB%E3%83%9F%E3%83%8A%E3%83%BC/1526093057620528

皆様のご参加お待ちしております。

●医療法人社団悠翔会理事長・医師 佐々木淳
●エイジング・サポート実践研究会 代表 小川利久
●株式会社シルバーウッド代表取締役 下河原忠道
●発行社:ヒポ・サイエンス出版 小平慎一
(主催)エイジング・サポート実践研究会
(共催)医療法人社団悠翔会
   (株)シルバーウッド
   (株)ヒポ・サイエンス出版
(後援)NPO法人エイジング社会研究センター
    NPO法人日本医療交流協会
    高齢者住宅新聞社
    月刊シニアビジネスマーケット 他

【第4回エイジング・サポート・セミナー 2015/3/7】

弊社代表ブログ
http://silverwood0604.blog90.fc2.com/blog-entry-1121.html



PDF

新着情報
2015.02.17

HELPMAN!JAPAN
知らなかった「ありがとう」が見つかる。
日々の介護の現場から、これからの日本をつくる人たち。

いま、介護の現場では、どんなことが起こっているのか。
現場で働く「ヘルプマン」たちへのインタビューを通じて、
介護の現実と、彼らの描く理想の姿を公開。

予防・看取り・住宅を創る意識を徹底 サ高住を“安心して生ききる”場所に
で弊社が運営しております銀木犀・代表へのインタビュー記事が掲載されました。

http://helpmanjapan.com/article/4329

https://www.facebook.com/helpmanjapan

HELPMAN!JAPANさんありがとうございました。

【HELPMAN!JAPAN 2015年 2月12日掲載】

新着情報
2015.02.04

中澤まゆみさんの著書「終の住みか」が出版されました!!
自分らしく安らかに最期まで暮らせる高齢期の「住まい」

自分の「住まい」と親の「住まい」、どこで安心して死ねるのだろうか。
人生100年時代の「終の住みか」は、自宅、高齢者住宅、施設、それとも「とも暮らし」?

第1章 自宅に住み続ける
第2章 高齢者住宅に住む
第3章 介護施設に住まう
第4章 ともに暮らす

第2章 「看取り」に取り組む新世代にて
<銀木犀>のことも書いて頂いております。
ありがとうございます。

是非、皆様ご一読下されば嬉しく思います。

【2015年2月10日(築地書館)初版発行】
 「おひとりさまの 終の住みか」
ノンフィクションライター 中澤まゆみ著書より




PDF

カレンダー
2015年02月


過去の記事

サービス付き高齢者向け住宅へ補助金が助成されます
家族みんなで考える土地活用