評価額を下げる3つのポイント

土地

賃貸住宅等が立っている土地は、土地が「貸家建付地」となり、貸し駐車場などの「自用地」より土地の評価額を下げることができます。すなわち相続税額が下がります。

下記の算式により評価します。※借地権割合、貸家権割合は地域により異なります。(借地権割合=90〜30% 借家権割合=30%(一部の地域以外))
貸家建付地の評価額=自用地とした場合の評価額×(1-借地権割合×借家権割合×賃貸割合)

建物

賃貸住宅等の場合、建物の評価額も「貸家の用に供されている家屋」として、評価額が下がり、相続税額が下がります。

建物の評価額=自用地とした場合の評価額×(1-借家権割合×賃貸割合)
h3>借入金

賃貸住宅等を建築するために借りた借入金が相続財産より除かれるため、全体の相続税額が下がります。